Monthly Archives: 4月 2018

副作用の有無

がん治療でもっとも怖いのは副作用ともいわれています。代表的ながんの治療方法だと抗がん剤治療や放射線治療などが挙げられますが、どちらもさまざまな副作用があるといわれています。がん治療と副作用は切っても切れない関係があるといわれていますし、そのために治療に気が進まないという方がいるのも事実です。では、NK細胞療法だとどうなのかということですが、実はNK細胞療法だと副作用がほとんどないといわれています。これもNK細胞療法が注目を集めている一つの理由と言えるでしょう。

がん細胞NK細胞療法に用いているナチュラルキラー細胞はもともと患者さんの体内に存在していたものです。それを増殖させてがん細胞に攻撃を加えているわけですから、基本的に副作用はほとんどないのです。投与後に若干の発熱が認められることもありますがそれは稀なことだといわれていますし、基本副作用はほとんどないものと認識して差し支えないでしょう。拒絶反応もアレルギー反応も少ない、患者さんの体にとても優しいがん治療の方法と言えます。がんの完治を目指す患者さんにとって治療の副作用がほぼないというのは非常に嬉しいことですし、モチベーションを保つことにも繋がるでしょう。

NK細胞療法の基礎

患者NK細胞療法と言っても多くの方はどのような治療法なのか分からないでしょう。NK細胞療法はもっとも注目されている治療法の一つともいわれていますが、その実態を知る人は少ないと思います。NK細胞はナチュラルキラー細胞のことを言うのですが、このナチュラルキラー細胞はリンパ球の一種となります。ナチュラルキラーという物騒な名前の通り、がん細胞に対して執拗な攻撃を加える細胞なのです。自分以外の細胞をすべて殺してしまうほど高い殺傷能力を持った細胞として知られており、このナチュラルキラー細胞を使った治療がNK細胞療法なのです。

具体的にどのように治療を行うのかということですが、まずは患者さんからナチュラルキラー細胞を採取します。採取されたナチュラルキラー細胞は特殊な医療機器を用いて増殖させます。がん細胞と戦わせるためには数も必要となりますから、ナチュラルキラー細胞の数を増やし、その上で活発化させていきます。約200倍ほどに増やしたナチュラルキラー細胞はその後点滴などによって再び患者さんに戻されます。あとはだいたい想像がつくかもしれませんが、体内に戻ったナチュラルキラー細胞はひたすらがん細胞を見つけては殲滅していきます。続いては、副作用の有無について説明します。

NK細胞療法について

先生がんを治療する方法としてメジャーなのは手術ではないでしょうか。悪性腫瘍を手術によって除去するというのはもっともポピュラーな方法といえますし、外科手術によって癌を克服した方もたくさんいます。外科手術だとどうしても体に大きな負担を与えてしまいますし、癌が転移していたとなるとまた手術が必要となるためリスクもあるものの即効性の高いがん治療法として未だによく行われています。

抗がん剤などを用いた化学療法、薬物療法もがん治療では代表的です。薬物を患者さんの体内に投与することによって癌細胞の増殖を防ぐことができますから、こちらの治療法も多くの医療機関で採用されています。抗がん剤治療にはさまざまな副作用があることも知られており、それが怖くて治療を頑なに拒否するような方も少なくありません。個人差はあるものの、吐き気や嘔吐、しびれ、脱毛などいろいろな副作用にさらされてしまう恐れがあります。

最近のがん治療で注目されているのがNK細胞療法ですが、まだあまり知られていないのが現実です。実はさまざまなメリットのある治療法なのですが、このサイトではそのNK細胞療法について情報を発信したいと思います。NK細胞療法によってどのような効果を得ることができるのか、副作用はどうなのかといった情報も発信します。どんなに優れた治療法でも副作用が強いとなると考えものですが、果たしてどうなのでしょう。すべての疑問を解くカギはここにあります。