副作用の有無

がん治療でもっとも怖いのは副作用ともいわれています。代表的ながんの治療方法だと抗がん剤治療や放射線治療などが挙げられますが、どちらもさまざまな副作用があるといわれています。がん治療と副作用は切っても切れない関係があるといわれていますし、そのために治療に気が進まないという方がいるのも事実です。では、NK細胞療法だとどうなのかということですが、実はNK細胞療法だと副作用がほとんどないといわれています。これもNK細胞療法が注目を集めている一つの理由と言えるでしょう。

がん細胞NK細胞療法に用いているナチュラルキラー細胞はもともと患者さんの体内に存在していたものです。それを増殖させてがん細胞に攻撃を加えているわけですから、基本的に副作用はほとんどないのです。投与後に若干の発熱が認められることもありますがそれは稀なことだといわれていますし、基本副作用はほとんどないものと認識して差し支えないでしょう。拒絶反応もアレルギー反応も少ない、患者さんの体にとても優しいがん治療の方法と言えます。がんの完治を目指す患者さんにとって治療の副作用がほぼないというのは非常に嬉しいことですし、モチベーションを保つことにも繋がるでしょう。